めぐろのY子より ホーム » ご紹介

おやつに鼻セレブ?紙工場見学〜

高いティッシュって、

甘い!

って知ってました〜〜??


160610紙2

「・・・・・・」




そう!

Y子と社長と子羊と
クマ部長とトリ川さんで

紙の工場見学に行って来たの!



Y子本とかダイアリーとか作る時に、

とにかく

「紙を選ぶこと」

が多いんです!


この紙は書きやすいとか
手触りが優しいとか
透けないね!とか

同じ紙でも全然違うの!



そしたらクマ部長が

「製紙工場はとにかく面白いですよ〜」ってんで

皆で行ってきました!




160610紙01




今回お邪魔したのは

王子マテリアさん!


江戸川の隣に、

東京ドーム3個分の
で〜〜〜っかい工場
(社宅つき!社宅の5Fから上はTDLの花火が見える!)


があります。




工場の中は、サウナみたく暑くって、
なんとなく温泉の香りがしたわ〜〜




集められた古紙は
おっきい釜の中で
川の水でぐるぐるかきまぜられるうちに



川水



溶ける!

全部溶けちゃうんです!

川の水すごい!




次に、

溶けた紙水の汚れを落とし、

大きな機械で紙にするっ!



紙機械


でっか〜〜い!!







この機械であっという間に



できあがり



コレ転がってきたら

どうしよう!?




小さくカットされたのでさえ、


トリ川さん0610



ダイナミックなロールペーパーに、

お尻も尻込みです。







さらにっ!

お土産がなんと!


「鼻セレブ」!!!




鼻セレブ




皆でなめなめしながら
帰途につきましたっ(^0^)


ホント甘かった!
柔らかくする為に
トレハロースが入ってるんですって!



工場見学マジ楽しかったで〜す!

是非ご家族と!恋人と!
行かれてみて〜〜〜^^




おやつに鼻セレブ!




できるだけ真似しないでね!






古紙を使うのは、表紙の固い紙のところ!
中の紙は薄くて白いから、古紙じゃなくてパルプでできてるんだって!

“予告ボタン”

ご感想は→コチラまでよろしくです!





熊本行きたい
 

“予告ボタン”





「ちいさいおうち」さよさんメガネ欲しい

さよさんメガネ01


でも、なぜか気付けない!

目に慣れちゃってるからっ!




私が「ちいさいおうち」の
さよさんの講座に
ちょくちょく行ってるのは
皆さんご存知でしょう。


な〜んでかっ!?


さよさんメガネ02



実家の台所は
アンタッチャブルな領域が多すぎて、


混乱した山を前に、

唖然・・・見て見ぬフリ・・・



でもでも、
さよさんメガネ状態で入ったらば、
ハッキリ攻撃目標が見えるんですっ!

面白い位、浮かび上がってくる!


もう〜バッサバッサ
面白い位!
やっつけましたですよ〜


賞味期限1994年
とかいうタバスコや、
真っ黒く固まったスパイスが
いっぱい出てきた出てきた・・・


混沌を前に、思考停止して
見えてなかったんですね〜


そんなさよさんの
キッチン講座が6月18日(木)に
オレンジページサロンで
あるようですよ!

さよさんのキッチン収納セミナー

さよさんメガネ、
かけてもらってください。






きょんちゃんの介護講座も
6月21日にありますよ!

「介護に疲れた時、心が軽くなるヒント」

聞くだけで、すごくラクになります。
誰にも介護相談できない人必見!
Y子も参加予定だす〜。





密かにブログが好きで読んでた
「あの世に聞いたこの世の仕組み」


元雲黒斎、黒澤一樹さんのお話会に
昨日行ってきました。

サインもらっちゃった〜!てへ!
うんこくさい

お礼にY子本差し上げたら・・・

「Y子さん!?めぐろのY子さん?ホンモノ?」
  
えっ!?Y子の事、知っててくれたのですか〜っ!?

今嬉しくて舞い上がってますヾ(≧∇≦)ノ
すいません、プチ自慢しちゃいました・・・



色んな人との出会いで



私も随分楽しい思いさせてもらってます〜



ベルばら風薔薇の園でアンドレと・・・

ルミ01



装束に身を包んだY子は

ある邸宅に向かった・・・



ルミ02


こんな所で

アンドレの化身に会えるとは!

詳しくは→アンドレとの季節(マンガ)




Y子は禁断の花園で、
ただただ悦びの中、
身悶えるばかりであった・・・



ルミ02-2




ほうら!薔薇の庭園だよ!


ル01




ああ

ル02



おお


ル03



うお


ル04




んまあ〜


ル05




Y子さん、

薔薇のシフォンケーキ作ったの。

召し上がらない?



ル06





ローズティーもお飲みになって。


シフォンケーキには
薔薇のムースを添えましたのよ。




ル07





ちょっと薔薇を

詰めてみましたの。



ル08



これはシェエラザードという
滅多に見られない
珍しい薔薇なのよ。

高貴な香りがするでしょう・・・



ル09





どうでしたか?
ルミエールさんの薔薇庭園


私はそろそろ
おネムです・・

ル10




おやすみなちゃい


zzzzz・・・・・


ル11

目、目!!
閉じるのお忘れですよ〜・・・





ル13



Y子背徳の薔薇の園。

今年も女性ホルモン
いっぱい出してきました!




美の女神
ルミエールさんのお庭は→
コチラ


美しさに酔って!



アンドレとの甘い妄想も



かなりリアルに楽しめました。。


天空の寺!宿坊・太陽寺!!


子鹿のクリンちゃんと、
お父さんの和尚のお話のお寺は



「太陽寺」という名の、



写経、座禅、読経等体験できる、

宿坊なのでした。。。




太陽寺01



ま〜

私が気に入ったのは、

和尚さんのお人柄!



とてもとても気さくで

面白くって、人間くさくて(って言っていいのか!?)



笑い通しでしたよ。



写経、座禅、読経、講話と

色んなメニューがあるのですが、

参加してもしなくても良し。



大自然の中で、ただただボーッと

ありのままの自分でいる



ボーッとしてるうちに

色んな余計なものが削ぎ落とされて

「空」になる



そんな場として宿坊されてるそうです。


太陽寺02


無我の境地って気持ちいい〜!

ランナーズハイとか〜
瞑想とかでたどり着く境地?


頭の中に思考が一切なく、
ただただ「今」に「在る」。



そんな感じであります。





和尚の心づくしの精進料理がね、

とてもとても美味しかったんですよっ!


夕餉(揚げたての春野草の天ぷらに始まり、美味すぎでしたっ!)
夕餉


朝餉(白粥ー最後の一粒まで美味しかった)
朝餉



皆、「ゴハン何が出るんだろう〜」と

ワクワクしちゃって、



座禅が雑念だらけになってしまったと

大笑い。



私は和尚のお味噌汁があまりにも美味しいので、

レシピをいただいてきましたよっ。






埼玉、秩父の山奥の天空の寺、



比較的実家から近いもので、

また行こっかなっと!と

気楽に思いました!






太陽寺のHP

太陽寺の記事



都会から2時間弱の所に



日本のマチュピチュがあるなんて!





山奥のお寺のあったか〜いお話!



そのお寺は

人里離れた山奥に

ポツンとありました




鹿01










和尚さんはたった1人で

掃除をしたり お経をあげたり 

お寺を訪れる人々の話を聞いたり



大きなお寺を切り盛りしてました



鹿02













和尚さんは ある日 

山で親とはぐれた 

シカの赤ちゃんを見つけました




鹿03









ヘソの緒もついたまま

小さな体も とても弱ってます



「こりゃ大変だ 寺へ連れて帰って
手当してあげなきゃ」




鹿04





和尚さんはどうしていいかわからず

弱った子ジカの赤ちゃんに

牛乳をあげてみました




「飲まないな〜弱ったな〜」





鹿05








動物病院に電話したら



「ウチは犬猫ばかりで

シカの赤ちゃんが何を飲むかなんて

わかりませんよ」


鹿06







動物園に電話してみたら

「シカの赤ちゃんでしたら

牛の脱脂乳を飲ませてあげるといいですよ」



「おお!ありがとうございます!」


鹿07









ようやくシカの赤ちゃんは

美味しそうにゴクゴク牛の脱脂乳を飲みました



「うまいか〜 よかったよかった
 もっと飲め飲め〜」


鹿08










シカの赤ちゃんはめきめき元気になり

和尚さんの後ろを

チョコチョコついてくるようになりました


鹿09










和尚さんは子ジカに

「クリン」と名前をつけてあげました

クリンも名前ができて

とても嬉しそうでした


鹿10









和尚さんはクリンを娘のように可愛がり、

クリンも和尚さんの姿が見えないと

チュンチュン鳴いて

和尚さんを探しまわるのでした


鹿11









クリンは和尚さんが大好き

和尚さんもクリンが大好き

1人と一匹は本当の親子のよう


鹿12









そんなある日


お寺の庭に知らないシカたちが

顔を出すようになりました





「ややや!雄ジカばかり!

さては可愛いクリンを

狙っているな!」

鹿14












庭に顔を出す雄ジカの数は

日を追うごとに

ますます増えていくばかり

鹿15













和尚さんは

フと思いました





鹿16










そういえばクリンもお年頃

いつまでも自分の元にいたら

シカの世界へ戻れなくなってしまう




恋して子供を持つことが

クリンにとっての

幸せじゃあなかろうか


鹿17














「ほうらクリン 仲間とちょっと遊んできなさい」



鹿18









クリンは最初は戸惑っていましたが

トコトコ トコトコ

仲間のシカ達の方へ歩いて行きました

鹿19



「なるたけしっかりした

イケメンを選ぶんだよ〜」











チュンチューン!!

おとうさんただいま〜!!


クリンはさんざん遊んだあと、

和尚さんのいるお寺に帰ってきました




鹿20







チュンチュンチューン!

おとうさ〜んただいま〜!

たのしかったよ〜

みんないい人(シカ)だったよ〜!


鹿21









あれれ?あれ?

何の音もしません




鹿22








チュンチューン  

  チュンチューン

開けてよ〜!ただいま〜!

帰ってきたよ〜!





鹿23









お寺の中では和尚さんが

障子を開けたいのを必死にこらえて

ガマンしてました


鹿24













今出ちゃいかん  
  
  今出ちゃいかん







やっとクリンが

シカらしい生活に戻れるチャンス


今 障子を開けちゃったら

クリンは一生戻れなくなる








外からはクリンの

おとうさ〜ん おとうさ〜んという

せつない声が聞こえてきます

鹿26







出ちゃいかん 出ちゃいかん




和尚さんは歯をくいしばって

ただただ必死に耐えていました




鹿25






チュンチューン!

チュンチューン!

チュンチューン


チュンチューン











しばらくするとクリンの声は

聞こえなくなりました




そ〜っと外を見てみると

クリンの姿はありません



これでいいんだ これでいいんだ




鹿27










和尚さんとクリンとの生活は

たった3ヶ月ちょっとだったけど



和尚さんにとっては

1人娘を育てあげた位の

中身の濃いい時間だったのでした




鹿絵





そんな温かい和尚さんのいる
山のお寺でのお話は次回!



お寺に置いてあったアルバムの
ミルクを飲むクリンの写真
クリン

今年のエイプリルフールは



すべて真実のお話なのでしたっ!