めぐろのY子より ホーム » 幸せに生きる工夫 » LGOきょんちゃん・若住職・薬屋・講演会

LGOきょんちゃん・若住職・薬屋・講演会

先日、

LGO (ま〜しゃーないやん!の意) という、
命を語る会の2回目がありました!


Y子は司会でお手伝い!


今回は、
若住職の泣かせるいい話と、
きょんちゃんと薬屋さんの
楽しくなるワークショップ。

Y子は泣いたりはしゃいだり、
心と体が動いた動いた!



実はね、

若住職がね
美坊主でね、


毎回、

ふんどし
召されてくるワケですよ。



それだけで、

萌えません・・・・?







今回は

ゲストがいらしたんです。


その名もマカちゃん!


LGOマカ-1
LGOLGOマカ-2



マカちゃん曰く、

「生きたくて、
 医学書読んだり、
 体に良いモノ食べたり
 病院探したり、
 さんざん色々やった。
 
 でも、
 一番効果を感じたのが、
 
 心の健康を保つこと。


 それが一番大事で
 一番むずかしい。」



それで
自分の心から感じた事を
一冊の本にされたんです。


マカちゃんの本は、
ポジティブ言葉で溢れてる。

売上でまた本を買って、
小学校や病院や、
全国あちこちに
寄付されていく
仕組みになってて、


ポジティブの種を
まき続けているんです。



そんな
ポジティブマカちゃん

6月28日、
板橋区徳丸小学校で
一般公開の
特別授業をするんだって!



そして、なんと!


フンドシ美坊主も、
あまりの泣かせる語りに、

7月11日夜、
サンクチュアリ出版での
講演の依頼がきたんだって。


そして、次回LGO (ま〜しゃーないやん!)
8月10日(日)だって〜!



Y子はコソコソ
美坊主に履いてもらう
赤いフンドシ作ろうかと。

(もちろん渡す前に自分で履いてみる)



以上、長々レポートでした!

読んでくれてありがとう!


マカちゃんの言葉の本




Y子に会いに来てくれた皆様




嬉しかっただ〜!






コメント
非公開コメント

グラグラするの

こころの健康、こころの平安。
難しい。難しい。落ち着いているなーなんて油断していると、ふとしたことでグラグラ揺れて、悪い方に転がっちゃう。
多くを望んじゃいけない、たった一つ大切なものがあればいい。それは頭でわかってる。
でも、欲張りだから、上手くいかない。頭と心がバーラバラ。

キョンさんのところ(ブログ)にお邪魔しました。 
私、私は、幸せな子どもになりたい。
可愛いがられて守られて、安心した子どもになりたい。
繭の中に入ってぐっすり眠りたい。何にも心配しないで安心して、深く眠りたい。

マカさんの御本にヒントがあるかな。私は私を安心させられるのかな。

2014-05-23 18:45 │ from レンズ豆 │ URL │

ALS・・・・
この間、三浦春馬君がやってたドラマと同じ病気だね。
突然発症して徐々に体が動かなくなる・・・
この世の中、本当にいろんな病気がある。
明るいマカちゃんの精神力には頭が下がります。
落ち込んで、引きこもりになってしまう方が多いと思うもの・・・
当たり前に思っているけど、健康でいる事に感謝しないとだね!

2014-05-23 21:32 │ from mama │ URL │

心の健康

「できない数より できる数を 数える」
大事な事ですよね。
私も気を付けてます。
人に対しても
「嫌なとこより 良いところ」を気を付けてます。
心の健康難しいですよね。

2014-05-23 23:05 │ from ゆきやん │ URL │ 編集

こんばんは
 
私の母もALSでした。
マカちゃんの本、是非拝見したいので購入いたします。
近ければマカちゃんのお話も、美坊主さんのお話も聞きたいのにな〜
 

2014-05-23 23:49 │ from kaori │ URL │

叔父がALSです。

叔父がALSで、いわゆるロックイン状態にあり、
人工呼吸器をつけています。
とても元気で明るい叔父だったのに。
叔父家族もかなり混乱してましたし、叔父の妹である私の母の嘆きも相当でした。
だから、マカちゃんの言葉、生き様一つ一つが、
真に壮絶であり、すごい人だと感嘆します。

そして深刻にしようと思えば幾らでも深刻になる話を
美坊主フンドシで和らげてるY子さんの細やかな気配りに
いつもながら感動してます。
マカちゃんも、Y子さんも応援しています!
ステキなお話ありがとうございました!
私も毎日の幸せの種を
しっかり見つけていこうと思いました。

2014-05-24 00:03 │ from メイコ │ URL │ 編集

この言葉を思い出しました。
「これは、ほんとに昔っから思うん だけど、これがこうなったら幸せなのに、あれがあったら幸せなのに、と思ってたら一生幸せになれないね。自分の問題だと思うんだ。もっともっと内面の問題だと思うんだ。今の状況を幸福だと思える心を持った人が幸福なんやな。」

2014-05-24 01:03 │ from いわくら │ URL

不謹慎ながらも美坊主フンドシに
反応してしまいました。

スイマセン!
でも、講演お聞きしたいです。

マカちゃんも応援しています!

2014-05-24 12:40 │ from そよ │ URL │ 編集

聞きたかったな〜

当日、直前まで体調と相談して、
断念しただけに、すご〜く残念です

きょんちゃんのお声をきけただけでも、良しとしますか☻
次回、体調整えて参加しまーす!

2014-05-25 22:39 │ from さち │ URL │ 編集

自然のお恵みを感じます

いつも楽しく拝読しています。
昨日ALSの友人をホスピスに訪ね、なんとも切ない、やりきれない気持ちだったときに、偶然大好きなY子さんのブログにALSを患っていらっしゃるマカちゃんの心温まるお話が書かれているとは。神様の、自然の恩恵を感じました。後数週間、友人との限られた大事な時間を大切に、宝物と思って過ごそうと思っています。
ALSといってもあまり知る人はいないと思います。このような形でシェアしていただき、本当にありがとうございました。

2014-05-25 23:46 │ from あにゃ │ URL │

本当に

参加できて心からよかったと思っています。
あんなに大きな声を出したのもいつぶりでしょうか。
とてもスッキリした気分で家に着きました。
マカさんの本をかえってから読んでいるうちに、なぜか涙がこぼれ落ちていました。
若住職さんのお話にも涙がこぼれました。
Y子さんとも会う事ができ、とても嬉しかったです。
これからちゃんと前を向いていけると強く思いました。
なにがあっても頑張って行こうと思います。
長くなりましたが、本当にありがとうございました。

2014-05-26 12:48 │ from クーコ │ URL │


泣けます…ぜひお会いしたいなぁ…

私も病気があります。一生治らない病気です。
でもガチで、病気になってから
本当に些細なことを最高の幸せと感じられるようになりました
だから病気になったことに感謝しているのです。

負けないのです。

2014-05-26 15:07 │ from にゅっとう │ URL

>レンズ豆さん

 そっか〜グラグラしちゃうんですね〜
 レンズ豆さんの「幸せな子どもになりたい」
 は、心の底からの本当の気持ちだと思います。
 その子が泣いているんですね。 
 グラグラ不安の中でこわいよ〜こわいよ〜 
 助けて〜と小さな悲鳴をあげてるんですね。
 それをじっと我慢してたんですよね。
 もう、聞いてるだけで
 可哀想に〜小さな子どもが〜誰にも守られず〜
 と、泣けてきちゃいます。
 それがレンズ豆さんの中の小さな子どもの本音ですよ〜
  
 よく、心理学のワークショップでは、
 その自分の中の子どもを抱きしめてあげて、
 話しかけてあげて〜とやったりします。
 よしよし〜辛かったね〜と、
 自分が自分の中の子どもの親になって、
 存在を優しく両腕で包んであげるのです。
 もし、よかったらそのように、ご自身で
 自分の中の子どもを抱きしめてあげてやってください。
 
 ちょっとむずかしいわ〜って場合、
 ちょっとグラグラが安心する方法の1つとして、
 「信頼してる人」の肌に触ること。
 スキンシップもとても良いと思います。
 ご両親でもご兄弟でも、お友達でもいいので、
 手をつないだり、体温のぬくもりを感じると 
 ジワ〜と落ち着いてきたりします^^

 もし、周りにそういう方がいない場合、
 猫の肉球とかインコのあったかい重みとか、
 生き物の温かさもかなり効きます。
 
 長くなっちゃってごめんなさい。
 ちょっとでもグラグラが落ち着くといいなあ〜^^

 
 












>学大アネキー!

 三浦春馬くんがやってたんだ!
 そうなんです〜
 徐々に徐々に進行していくんだそうです。
 マカちゃんのお話の中には、
 悲劇的な展開を遂げた方達も沢山
 いらっしゃるとのこと、
 マカちゃんの明るさは、ホントにすごい。
 壮絶にすごいことです。
 健康ってものごっつありがたいことなんだと
 痛感させられました。


















>ゆきやんさん

 「できない数より
  できる数を数える」

 一昨日風邪で寝込んだだけなのに、
 「頭痛〜い〜なんもできな〜い!」と
 ひーひー言ってた自分が恥ずかしい^^;

 ゆきやんさんも私も、
 明るい光を見て行く族でいきまっしょい!^^















>kaoriさん

 お母様が・・・

 なんと申し上げていいか。

 マカちゃんも言ってたけど、
 自身も辛いけど、ご家族、親族、友達、
 患者の周囲も痛みを伴うって。

 家族の苦しみを見るしか無いのは
 ホント無力だ。自分が替われるなら
 替わってあげたい。

 マカちゃんは皆の心の痛みに手当を
 してあげたい、ってこの本を書かれたようです。
 kaoriさんの心にも手当が届きますように。

















>メイコさん

 叔父様が!
 ALSの方って思いの外多いのだなと
 痛感いたしました。
 
 マカちゃんは、自分の見つけた
 「ポジティブの種」が
 広がっていって、心が救われる人が
 一人でも多くなればいいなって
 思ってるんですって。
 ホントそれが今の生きがいなんですって。
 あ、美味しいもの食べるのも生きがいって 
 言ってたな。

 どうぞ、叔父様にもご親族、ご家族の方にも
 しあわせの種を届けてあげてくださいね。

















>いわくらさん

 もう、悟りの言葉ですね。

 「今」の幸せを感じ続けられたら、
 ず〜っと幸せが続いていくワケですものね。
 今を感じられなかったら、
 いつ感じるの?ですものね。
 
 この言葉が皆に届きますように!















>そよさん

 いいんですよ〜^^
 いいんです。
 私が真っ先に「美坊主フンドシ」に
 反応した犯人ですからっ!

 実は・・・・

 こっそり見せてくれ・・んぐんぐ・・















>さちさん

 お〜〜!
 それは体調優先してくださ〜い!
 きっと「時」がきたら、嫌でも
 もういい!って位、聞けますって!
 そのタイミングがいつなのか、
 楽しみに待っててくださいね〜^^
 きっと最高のタイミングでやってきますよ!














>あにゃさん

 おおう!
 それは・・シンクロですね!
 もしかしたら、あにゃさんの心と
 響きあったのかもしれませんね(^^)
 
 私もマカちゃんを知って、
 騒然としたと同時に、
 ALSについて調べました。
 壮絶な病の現実を知り、更に
 沢山のALSの方達のブログを読みました。
 そして、沢山の悲しみがあると同時に、
 沢山の「病のもたらした幸せ」が
 あることも知りました。
 
 あにゃさんにもご友人が、
 かけがえのない時を共に過ごされる中に、
 そのような恩恵が待っていることを
 望んでやみません。
 (言葉足らずで申し訳ないです)
 













>クーコさん

 良かった〜(^^)

 大きい声出す機会って
 意外にないですもんねー!
 アホになる機会も
 そんなにないですもんねー!!
 
 私もご連絡いただいて、
 すご〜く気になってたので、
 お会い出来た時、ホントに
 嬉しかったです。
 うまく言えないけど、
 どうもあの場はずっとあるらしいので、
 心が揺れたらいつでもいらしてくださいね!
 そして、このブログも
 いつも待ってるから、
 いつでもいらしてくださいね!
 1人じゃないですよ!
 クーコさんのお話したら、
 薬屋さんが「良かった〜」って
 泣いちゃった。
 フンドシ住職もマカちゃんも
 きょんちゃんも喜んでましたよ!
 気を緩めたくなったら、いつでも
 ウェルカムですよ〜^^♥
 ありがとう!











>にゅっとうさん

 にゃんと!
 一生治らない病気?
 いつからですか?
 それって、長いこと患ってらっしゃるんですか?
 
 先日風邪をひいただけで、
 気分が落ち込んだY子だけに、
 なんと声をおかけしていいか。。。
 でも、ここで、カミングアウトしてくれて
 勇気いっただろうに、
 ありがとうございます(^^)
 
 私もハハの件で、結構長い闘病生活ですが、
 健康な頃は見えなかった些細なことが
 沢山幸せに感じております。
 そして、そっちに気持ちをフォーカスする
 ことが、病を持ったものの、一番の
 幸いなのだと気づきました。
 それが病気になったことの感謝、ですよね。。
 
 にゅっとうさんも素晴らしいなあ。 
 そういう言葉が言える人って
 ホント素晴らしいなあ。

2014-05-26 19:20 │ from めぐろのY子 │ URL │ 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-05-27 15:36 │ from │ │

> # 1さん

先日はわざわざお越しくださって
ありがとうございました!^^
そうですよね~2歳のお子さんが
いらっしゃるとのこと、
風邪はもう良くなりましたか?
またお会いできるのを
楽しみにしてますね!
ありがとうございました。

2014-06-06 18:29 │ from めぐろのY子 │ URL │ 編集

トラックバック

http://ykomeguro.blog84.fc2.com/tb.php/1539-62486ec0