めぐろのY子より ホーム » 時にはマジメに・・・ » ちょっとご相談。。友人宅が火事に

ちょっとご相談。。友人宅が火事に

150930火事


友人は60代のご夫婦。。。
とてもお世話になってて
ホントにいい人。。。

住む所はあるそうです。
幸いお怪我はなく・・・



私の思いつくのは



自分でも情けないほどちっぽけで




こんな時になんですが・・・

以下、
社長からのメッセージです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【Y子米、本日申込終了】

2015年産「Y子米」のお申込み枠、
本日で終了です。

■詳しくは→コチラ

■お申込みフォームは→
コチラ

■FAX注文は→コチラ


「ご注文確認書とお振込用紙」は、
後日ご郵送させていただきます。


※定員になり次第、終了させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


しずちゃんさん レンズ豆さん みをちゃん
きのこさん 朔太郎と豆兄弟さん いわくらさん 
みょんさん  ちゃちゃさん

コメントありがとうございました!
ダブルクリック!OKどころか!

また遊びにきてくださいね!!

Y子




コメント
非公開コメント

まず泊まるところはあるのでしょうか?
それがあれば次は寝具、衣類、食器、台所用品、食料品、洗面道具、タオルとか?

住むところが確保できたら電子レンジ、冷蔵庫とかかな。

お友達にお怪我はなかったのでしょうか。

2015-09-30 12:44 │ from Corvallis │ URL │

お怪我がなくてなによりでしたね

なんだかそっけない気もしますが、やっぱりお見舞金が1番ありがたい気がします。
「どうかお返しはしないで」と言葉をそえて。

あとは一緒に撮った写真を一生懸命さがしますね。
わたしならきっと思い出の写真がなくなっちゃったことが1番悲しいと思うから。。。

2015-09-30 13:16 │ from Y香 │ URL │ 編集

もうかなり前なのですが、私の実家も全焼しました。
いろんな方から心配していただき、
有難かったです。
当時、私は離れた場所に嫁いでおり、両親は
どんなに心細かったことかと思います。
特に母は、自分の失火で、家が全焼してしまった、と
悔やんで悔やんで、精神状態が不安定になっていました。
励ましの言葉やお見舞いの品物も良いですが、
そっと寄り添い、心の支えになってあげてください。

2015-09-30 13:20 │ from ライチ! │ URL │

お見舞い申し上げます。
保険の仕事をしております。
火災保険にご加入されておれば、経済的な意味での生活の再建はできると思います。
ただ、思い出の品などが消失してしまったショックから、立ち直るのには時間がかかると思います。
こればかりは、お話を聞いてあげるぐらいしかできないと思います。
後は、Y子さんの手元にお写真などがあれば、差し上げるとかですかね。
お怪我がなくて何よりでした。


2015-09-30 13:32 │ from ヒロ │ URL │

私の友人が火事にあった際はひとまず着替え!と思って下着を買って届けました。
あとお見舞い金。
近くに親戚などがいらっしゃればいいのですが…今後の生活も心配ですね。
やり過ぎず無視しすぎず、時々顔だしてあげてください。

2015-09-30 13:38 │ from Q │ URL │ 編集

「なにかしたいけれど、なにがいいかしら?
物でも、ちょっとしたお手伝いでも…」
と、直接お聞きするのが、いいと思います。

同じようなものが重なってもこまるので。
それに、なかなか、自分からお願いできないこともありますから…

なにもいらないとおっしゃったら、お互い負担にならない程度のお金をお渡しするのもいいかも。

2015-09-30 14:29 │ from ぱあしもん │ URL │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-09-30 16:00 │ from │ │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-09-30 16:06 │ from │ │

私も以前隣人の火災で多少ですが被害が出ました。

住む所があるのは本当に良かったと思います。
ただ、荷物を何も持ち出せていないのであれば
下着や洋服(部屋着とか嬉しいかも?!)タオル等すぐに必要なものやもしなければ布団等の寝具も嬉しいかと思います。

それと、正直なところ現金は助かりますね……(´・ω・`)
心苦しい所もありますが……

それと60代の夫婦と言うことですので
今回の件でもし色々と手続きや動かなきゃ行けないことがあればそれの手助けとか出来れば助かるかと思います。

2015-09-30 16:32 │ from 水桃 │ URL │

ネット検索してみたのですが、私が現金以外で参考になったのは「手を握ってあげる(ハンドクリーム、爪切りをプレゼントしたという話もありました)」「思い出の写真があれば複製してアルバムを作ってあげる」がありました。
助けられる範囲以内で寄り添ってくださいね。

2015-09-30 17:09 │ from T子 │ URL │ 編集

大変でしたね。ご無事で何よりですが、お辛いでしょうね…。

ご趣味にもよりますが、簡単に育てられる観葉植物やお花はいかがでしょうか?新しい命に救われる気持ちになれるかも、と思ったのですが…。

あと、これからの季節、寒くなってきますから、羽織るものとか、温かくなりそうなものとか…?
そして、皆さん、おっしゃっていますけど、やっぱりお見舞い金とか写真とか、でしょうか?

Y子さんも、心を痛め過ぎないでくださいね。

2015-09-30 17:30 │ from yopie │ URL │

ご無事でなによりでしたね。

お怪我も無く、住むところもあるというのは良かったですね。

お見舞い金がきっとありがたいと思います。
後は、お手伝いとか、すぐ使う物とかですかね?

大変な時に側に居てくれる人って本当にありがたいですよね。
お話をしたりするだけでも、気持ちも和らぎますよね。

2015-09-30 18:15 │ from ゆきやん │ URL │ 編集

本当に怖くて悲しい想いをなさったと思います。
命さえあれば、また取り戻せるものもありますから。

私も事情があって、子供時代の荷物はすべて無くしてしまいました。
その時、写真については、焼き増して一緒に写った方々に渡していたものがありました。
今は便利な時代で、写真を持ち込めばネガがなくても焼き増してもらえますよ。
もしY子さんや共通の知人の方が持っているお写真があったら、焼きましてあげたらどうでしょうか。

火事に遭われた件について焼き焼きと不謹慎に申し訳ありません。。。

2015-09-30 18:42 │ from じょり │ URL │

これからの写真

思い出の物を全て…心中お察しします。

これから紅葉など見に一緒に出かけて、写真をアルバムにしてはどうでしょうか。Y子さんのほっこりな絵が添えられていたらとっても素敵で嬉しいと思います(妄想してすみません…)
出かけるなんて、今すぐは無理かもしれませんが…

2015-09-30 19:18 │ from みか │ URL │

友人宅が全焼してしまった時には、取り急ぎお見舞金を渡しました。(基本的に災害見舞は重ねるのを嫌うためお返しはしないとのことです)
落ち着いた頃、他の友人が一緒に映っている写真を焼き増しして渡していました。すごく喜んでいましたよ。
年上のご友人だと難しい部分もあるとは思いますが、Y子ちゃんの気持ち、きっと伝わっていますよ。

2015-09-30 19:32 │ from みょん │ URL │

心配ですね。心が痛みます。
落ち着いてからでいいと思いますが、私はその方達の写った写真をあつめて渡しました。あまりたくさんは集めきれなかったのですが、古いものや風景や。

喜んでもらえたのも、本当に落ち着いてからだったからかもしれません。
アルバムにしちゃうと、ご本人が捨てきれないので、バラバラでわたしました。いらなかったら捨ててね。って。

2015-09-30 20:28 │ from フロント │ URL │

耳かき!
わたし、これが2日無いともうダメなんです、ムズムズして…。
とはいえお好みもあると思うので、そうしたらやっぱり現金でしょうか。
保険かけてらしたとしても、当座に必要ですものね。

2015-09-30 20:38 │ from しゃむ │ URL │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-09-30 21:19 │ from │ │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-09-30 21:53 │ from │ │

想い出

衣食住はもう落ち着いているのでしょうか。
早めのサポートとしては、衣食住の充実と思いますが
それを他の方もやってくださるのであれば
それ以上にやはり、想い出の写真や品などを出来る限り集めて差し上げるのが嬉しいのかも知れません。
または、落ち着いたら、これからも一緒にいて旅行とか想い出を一緒に増やすってのもありますけども。

2015-09-30 22:47 │ from へのへのもへじ │ URL │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-09-30 22:58 │ from │ │

生きてて良かった!
命さえあれば何でもできる!
1、2、3、ダーッ!(*´∇`)ノ

2015-09-30 23:18 │ from 朔太郎と豆兄弟 │ URL編集

ゆっくりと朗らかに話を聞いて、手を握ってあげましょう。
Y子さんも苦しんでおられる…。辛いですね。でも無力ではないですよ。コメント数がこれだけあるのだから。

2015-09-30 23:40 │ from いわくら │ URL

兎に角お怪我がなくてよかったですね。

今は精神的にキツイと思うので
ゆっくり生活を取り戻せて、笑えるようになったら
ご本人から間取りや外観とかお聞きして
ご家族の似顔絵とともにプレゼント
なんてどうでしょう

辛い思い出で終わらせたくないんで
思い出の上書きしてあげたいかな〜♪

2015-09-30 23:47 │ from じーじょ │ URL │

私は、なんていっていいかわからなくて、皆さんのコメントを読ませてもらっています・・・。

2015-10-01 00:38 │ from まさお │ URL │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-10-01 00:56 │ from │ │

もし音楽とか歌がお好きなかただったら、CD(&プレイヤー)などはいかかでしょう。不安なときに好きな曲を聴けたら少しは心が安らぐのではないでしょうか・・・。

2015-10-01 00:57 │ from リーゼオ │ URL │

本当にお怪我などなかったのが不幸中の幸いでしたね。

生活を立て直すためには、やはり資金が必要だと思うんで、マテリアル面ではお金が一番必要でしょう。こちらにはgofundme.comとか、個人で寄付を募るサイトがあります。アメリカらしいですね(今内容をみたら、本当に意義のあるものから、くっだらないものまでピンきりでした。。。)。日本にも同じようなサイトがあったら、ご当人の了解を得られた上でアカウントを作っても良いかもしれませんね。

火災保険でカバーされていて大丈夫、って言う場合は、皆さんが言っているように写真など、思い出のものを渡されるのがいいかと思います。住むところは大丈夫というのは本当によかったですね。。。

2015-10-01 05:09 │ from ReiRei │ URL │

何と言っても現金が1番役立ちますよ!
私の仲良しが自宅全焼した時、
生きてて良かった!雑だけど車いるならいつでも出すから
とりあえず何にしてもいるから!って10万用意しました
落ち着いて返さなくていいって言ったのにどうしてもって言われて半金頂いてしまった
結婚式の祝返しか?
仲良しには今は衣食住あるし保険もおりたけどあの時の10万は本当にありがたかったと言われました

2015-10-01 05:36 │ from FamilyTies犬舎 │ URL │

大変でした・・ネ(;´Д`)

うーん、何も無くなった所から「暮らす」
ってコトを想像する場合、ご自身が一人暮
らしされたときに、何から購入したか・・
を、順次思い出されてみてはいかがかと
・・・(´_`) で、その時の優先順位
で、必要度の高いモノをお送りする・・と。

2015-10-01 06:46 │ from ひろぴー │ URL │ 編集

大変ですね。
とりあえず、必要なものを聞いてみることですね。
遠慮なさるかもしれませんから、遠慮なく言ってっと頭に付けて聞いてみるといいかもしれません。
他の方で写真の話がありましたが、とってもいいかもしれません。
うちの妻は保育士で、元園児と会ったときに震災で家が流されたことを聞いて、実家から写真をたくさん持ってきてコピーして渡してました。
Y子さんの優しい気持が届くと思います。

2015-10-01 07:24 │ from てつや │ URL │ 編集

いろいろ考えてしまいますが、
直接ご本人様に聞いてみるのがいいと思います。

2015-10-01 09:07 │ from クーコ │ URL │

お怪我がなかったようで、良かったです。
近所で火事が続いた時に思いましたが、その人それぞれで必要に思うものが違います。
Y子さんがどれくらいのお付き合いなのかわかりませんが、直接聞ければ一番いいかなと思います。
みなさんがおっしゃるように、現金が一番有難いとは思いますが、渡す側が躊躇しちゃいそうですかね。
震災の時のような感じで、生活必需品や衣類、小型家電など大げさにならない感じでいかがでしょうか。

気持ちも沈んでおられると思います。Y子さんの笑顔でご夫婦の気持ちを癒してあげてください。

2015-10-01 10:18 │ from 栓プリーズなあられ │ URL │ 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-10-01 12:09 │ from │ │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-10-01 12:49 │ from │ │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-10-01 13:00 │ from │ │

実家が火事になったことがあります。
幸いすぐに住むところも見つかり、物資の援助もたくさんいただきました。(一時は家の中がモノだらけになるほど!)

お金や物資以外に何か助けになること・・・

しばらくは救急車のサイレン音や火事の映像に敏感になるはずです。
ご一緒の時に救急車が通ったら、ソっと寄り添ってあげて下さい。

2015-10-01 15:19 │ from ask │ URL │ 編集

お金で買える物はともかく、思い出を一度に失ったショックは大きいと思います。
もしお仲間内で相談してみて、その方やご家族が写っている写真があれば、持ち寄って現像して差し上げるのが喜ばれるかと思います。
何はともあれ、お友達の命が助かって何よりでした。

2015-10-02 10:13 │ from ひだまり │ URL │

私の家も全焼しました。家族は全員無事だったのですが物はほぼ全滅でした。
皆さんの親切で色んな物資を頂いたのですが、やはり自分の趣味というか好みがあってせっかく頂いたけれど使わないままになってしまってかえって申し訳なかったりしたのでやはりお見舞金が一番いいと思います。
今はかなりショックでご心労も相当だと思われますので体調には気をつけて差し上げるのがよろしいかと思います。時間が経って来れば段々と前を向く気力もわいてきます。私たち家族もそうでしたので。お友達の話し相手などもとても良いと思います。

2015-10-02 14:56 │ from たま │ URL │

写真からプリントすることもできますし、写真をまとめてCDにすることもできます。私のパート先は写真屋です。写真さえあれば何とかできると思いますよ。でも今は、気持ちの整理が付かなかったり、日々の暮らしのことで困惑なさっていたりするのではないでしょうか。先立つものはやっぱり現金なのかな。火事見舞いの場合、お返しは不要だったと思います。その方々が少し落ち着いてきた頃に、改めて写真を少しプリントしてあげるのがいいかもしれませんね。でも、怪我がなくて良かったですね。できる限りお顔見せに行ってあげては?話を聞くだけでもいいはずです。

2015-10-02 21:42 │ from どんこ │ URL │

トラックバック

http://ykomeguro.blog84.fc2.com/tb.php/1825-f1c721bd