めぐろのY子より ホーム » 実家ネタ » Y子です。社会復帰しました

Y子です。社会復帰しました

Y子です。


沢山の、沢山の応援コメント、
メール、メッセージ等、

ありがとうございました。


心からのあったかい言葉に
力いただいてます。ありがとう。




今週から社会復帰です。




が、




なかなかに

難しいもんがございますな。




そんな昨日の夕刻・・・





160928ハハと夕焼け









(;o;)











何を見ても




ハハとの思い出が刻まれてて・・・








“絵本まんがボタン”





コメント
非公開コメント

No title

y子さんおかえりなさい。
y子さんの描いた美しい夕焼けに私もうるっときました。
そのお空はお母様のおられる所につながっていますよ。

2016-09-28 19:06 │ from よーこ │ URL │

No title

いつもいっしょ。
うちのハハも何年も前に風にならはったけど、ムスメが心配なのか、あちらが暇なのか、わりかしいつもムスメの周囲にいてはるみたい。きっときっとY子さんの側にもハハさん、いてはるよ。今はいっぱい泣いてええんよ。

2016-09-28 19:29 │ from │ URL │

No title

季節ごとの花に、その香りに、きれいな夕焼けに、
大切な人を思い出して
涙ぐんでしまいますよね。

「不在」の存在感、寂しさに
胸が絞めつけられそうになります。

少しずつゆっくり、
大切な思い出や風景が
やさしく包みこんでくれます。
親を見送った後も
変わらずに深く愛されているのだと。

2016-09-28 19:31 │ from クローヴ │ URL │

No title

お母さん、見てますよ。
一緒にこの風景を見てますよ。
お母さんは、Y子さんの中にいますから。
寂しくないですよ。

2016-09-28 19:42 │ from ライチ! │ URL │ 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-09-28 20:02 │ from │ │

No title

。・°°・(>_<)・°°・。

2016-09-28 20:11 │ from dodo0918 │ URL │ 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-09-28 20:22 │ from │ │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-09-28 21:24 │ from │ │

No title

お母様のご冥福をお祈りします。 

Y子さんの悲しみの深さは、お母様への愛情に比例しているのですよね。Y子さんが不特定多数のみんなを元気にできるのは、お母様から譲り受けた溢れるほどの愛情があるからこそと思います。
お母様と共に生きるY子さんが1日も早く元気になれるよう、願っています。

2016-09-28 21:28 │ from あびねね │ URL │

No title

私も2年前に母を見送りました。何を見ても違う色に思え、呼吸が苦しくなりました。1日1日の過ぎるのが遅くて苦しみましたが、それでもいつの間にか時は過ぎ、今では母と一緒に見た景色もきれいだと思えるようになりました。冬になるとアメリカ楓の実を拾ってきてはリビングに飾るのが好きだった母。そんな母を思い出しながら今も飾っています。

時間が解決してくれますよ。焦らず待ちましょう。無理しないでくださいね

2016-09-28 21:47 │ from ゆっくり │ URL │

ヽ(´_`)ノ

何はともあれ、まずはお戻りになられて
・・ヽ(´_`)ノエガッタエガッタ

ひろぴーも、オヤジと趣味が同じ(熱帯魚)
だったので、今、こーしてお店してても、
思い出されるッスよ・・(T▽T)

でも、そんな引き合わせ・・が今の人生
を形作ってるんやなぁ〜って(´∀`)ネ

2016-09-28 22:21 │ from ひろぴー │ URL │ 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-09-28 22:28 │ from │ │

No title

去年の夏に父が亡くなりました。
風景のそこここに、面影を見てしまいますよね。。
でも…でも…でも…
「おくるべき人が欠けていないことを、さいわいと思うことにしよう…」
と考えました。

私や孫たちが、先立つことなく送る側にちゃんと揃ってて
ちゃんと「おくりびと」できたのは、幸いなことなんだ。。

考えたって、どうしたって、悲しいもんは悲しいんだ!!
と、考えるそばから叫ぶ自分もいて、苦しかったですが…

かんちゃんに、抱きしめてもらってくださいね。。
うんと、うんと、何回でも、これからもずっと…

ご冥福をお祈りします。

2016-09-28 22:34 │ from 雪花菜(おから) │ URL │ 編集

No title

更新ありがとうございます。
ホッとしました。

夕日、昨日のですよね。
とってもきれいでしたよね。
キンモクセイも、昨日から突然プーンと香るようになって…。
Y子さんも同じように感じられていたんですね。

日常に戻って、普通の生活リズムにはまだ完全に戻れない頃だとは思います。
更新もたのしみではありますが、ゆっくり休んでくださいね。

2016-09-28 23:00 │ from よーこ │ URL │

No title

Y子さん、更新ありがとうございます。
何を見ても思い出につながりますよね。
いつでも思い出してあげる、忘れないでいてあげる。
それでよいのではないでしょうか。

ゆっくりゆっくり行きましょう。

2016-09-28 23:29 │ from ダン │ URL │ 編集

No title

私は長男ということで
ずっと過保護で育ったため
それが嫌で嫌で社会人になってすぐ家を出ました
しばらく実家には寄り付きませんでしたが
父が倒れてから時々帰るようになりました
Y子さんは私と違って充分親孝行したでしょう
お母さんもきっと感謝してますよ
金木犀の香りは昔から別れの香りですね
それだけ心に残る香りなのでしょう
社会復帰して社会孝行してください

2016-09-28 23:36 │ from 朔太郎と豆兄弟 │ URL編集

No title

辛いですよね。。。でもこればっかりは、本当に時が解決してくれます。。。それでも何年たっても思い出すと涙は出てくるんですよ。でもそれはそれでいいんだと思います。

あ、余談ですが、母がいなくなってから2年後くらいに所謂ミディアムに会ったんですが、面白かったですよ。そのリーディングの後、海外に旅行する予定だったんですが、その人が行き先をいきなり言って、あ、お母さんも一緒に行く気満々よ~、って言ってました。うれしかったです。

ずっと一緒にいてくれてるみたいですよ、ほんと。^^

2016-09-29 00:07 │ from ReiRei │ URL │

No title

久しぶりにお邪魔したら、悲しいことになっていてびっくりしました。お気持ち察します。
私も、中学生の時に父を亡くし、母親一人で専門学校まで出させてもらい、今じゃ、歳をとってシルバーカーを使わないと歩くのもしんどくなっている母を見ると、辛いです。でも、生きていてくれるだけで、心の支えになるんですよね・・・。

いつかは、誰しもが通る道ではあるけれど・・

y子さん、悲しいときは、思いっきり泣きましょう!そして、少しづづ立ち直っていきましょう!それが、亡きお母さんにしてあげられる親孝行だと、私は思います。

がんばれ~

2016-09-29 00:35 │ from ふみっpi │ URL │

No title

おかえりなさい。
しばらくは後ろに進んでもいいと思いますです。
ゆっくりゆっくりですよー。

2016-09-29 00:43 │ from saomin │ URL │ 編集

No title

Y子さん、おかえりなさい。

自分も父が亡くなってから、1年以上たちますが、何をやっても父の事が思い出されます。
心に開いた穴が自分の予想以上に大きい事を痛感しています。

Y子さん、無理しないで下さい。辛くなったら周囲にサインを出さないとダメですよ。

2016-09-29 00:47 │ from いわくら │ URL

No title

きっと、ハハさんも隣で夕焼け見上げてにこにこしてましたね
一緒に、いい匂いだね、ってうれしそうにY子さんと並んでましたね

今この瞬間も ハハさんはY子さんのそばにいてくれて
毎日がんばってるね、ありがとうね
よくやってるね、って、
頭をよしよししてくれてます

ミュージカルを全力で楽しむY子さんの様子を見守り届けてくれて、本当に優しいハハさん
ハハさんも一緒にワクワクドキドキできてみえたことと思います

おっちゃんが心配だけど、オトトさんがついてますもんね
Y子さんも、かんちゃんがきっと、そっと寄り添ってくれてますね

支離滅裂ですが、Y子さんがこうしてブログを綴ってくださったこと、ひとりのファンとして本当にうれしいです
どんな想いで…とおもうことしかできないですが…

Y子さんの描くハハさんは、私のハハにもお顔がそっくりなので、勝手に重ねています
私もいつの頃からかお母さんを家でも外でもハハ〜、と呼ぶようになりました

ちいさい頃のハハさんとのエピソード、もしもまた描いてくださったら、読ませていただきたいです
アイロンの巻きとか大好きでした

2016-09-29 00:49 │ from 知多半島のY子 │ URL │

No title

おはようございます。
ブログ更新、大変じゃないですか?
更新がつらかったら、休んでもいいし
少しでもきがまぎれるのならば、更新もいいしね!
私は、仕事をがむしゃらにして
気をまぎらわして
家に帰ってお風呂で泣きました。
Y子さん、とにかく今は我慢は禁物ですよ(^_-)-☆

2016-09-29 08:59 │ from クーコ │ URL │

No title

Y子さん、社会復帰おかえりなさい。

今は何を見ても…ですよね。
胸が潰れそうな位悲しく寂しく、いろいろな気持ちや涙があふれてつらい時期かもしれないですね。

あんなに素敵で、あんなに愛していたお母様だから、沢山の思い出が刻まれているのだから、当たり前ですよね。

気持ちも涙も抑えることなく、じゅうぶん悲しんでいいと思います。
つらい時はいつもより消耗しますから、無理しないで、いつもより沢山休んでくださいね。

2016-09-29 09:40 │ from みやねこまち │ URL │

No title

しばらくは何かを見るたび、聞くたび食べたりするたびに
お母さまを思い出して涙が出ちゃいますね。
無理せず泣いた方がいい気もします。
お父さまも心配で、気を落とされていないでしょうか。

ゆっくりゆっくり、笑顔のY子さんが戻るのを待っておりますよ。

2016-09-29 10:07 │ from 栓プリーズなあられ │ URL │

No title

Y子さん、分かりますよ!私も母を亡くしてもう3年になるのですが、今でも会いたいなーっていっつも思います。母を亡くしたばかりの頃私は大学院入学の前だったんで、微分積分2の授業をやってまして、頭の中を数学でいっぱいにして、悲しむ間をあたえないかんじにしてたんですけど、それでもよく泣いちゃってました。そして、何を見ても、ああ、おかあちゃんとこんなことしたなーとかいっつも考えちゃいます。でも知らず知らずのうちに、母こんな面白い事いってたなーとか思い出し笑いができるようになったりしてて、だんだんとゲラゲラ笑う事が多くなって来たかもしれません。それでもなんでもやっぱり会いたいです。しょうがないですね。母親になったら不死身になるとかってそういうのいいのになって思います。Y子さんのダイアリーつかわせてもらってます。毎日お世話になってます(特に試験の日程とか。。。)。Y子さんも、お身体お大事に。

2016-09-29 11:28 │ from 私もお母ちゃん大好き │ URL │

No title

例えば、金木犀の花を見つけた時、「あ、もう咲いているんだ、お母さんに教えてあげよう!」と思ったその途端に「あ、お母さんもういないんだ…」と思い出し何度涙したことか…。
月日が経っても悲しみや寂しさは変わらずに残っているけど、それでも時間がたてば少しづつ救われるものです。
応援していますよ。

2016-09-29 12:11 │ from k │ URL │ 編集

(´;Д;`)

昨日から何度も何度も読ませてもらってますが、毎回涙が出ます…。

実母の介護を始めて5年。これまでより濃密で悲喜こもごもな思い出ができています。
Y子さんは、その何倍も思い出があるんですよね。
想像するだけで、もう、堪らないです。

いつか母が千の風になったら、一緒に見ていた刑事ドラマは見られなくなるかも…。

お仕事も大変でしょうが、Y子さん自身を甘やかせてあげてくだいね。

2016-09-29 12:20 │ from ゆか │ URL │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-09-29 12:49 │ from │ │

私も同じでした。。

私も父が亡くなった時、Y子さんと同じでした。
ふと秋の空を見上げしみじみ「空が青い」と
思っただけで、父を思い出し涙しました・・・

瀬戸内寂聴さんの本に愛する人が亡くなった時、
残された人はしばらくの間「雨が降っちゃ泣き、風が吹けば泣き・・」
と書いてありましたが本当にその通りです。

Y子さんの感情は正しいのです。
今は慟哭の時なのです。
我慢せず泣いて下さい。

2016-09-29 17:20 │ from にゃりがる │ URL │

そうですよね…

思い出いっぱいですよね。

だいじょばん時は、かんちゃんさんにギューしてもらって下さいね。
鼻水たらして、チッスなんてねだったり、しちゃって下さいね。
読者にも、べったりよしかかって下さいね。

更新ありがとうございます。

Y子さんにぶっちゅ♡(←小さいころばあちゃんに電話で言ってたの)

2016-09-29 17:52 │ from ゆきやん │ URL │ 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-09-29 18:45 │ from │ │

No title

うんうん、涙でちゃいますよね。
お母様との、大切な思い出だもん。

Y子さんも、美味しいもの食べて、温かくして、
ゆっくりしてくださいね。


2016-09-29 19:30 │ from けいこ │ URL │ 編集

No title

お母様のご冥福をお祈りします。
人生で最も辛い事の一つが、親を見送ることでしょう。そんな大きな体験をY子さんの言葉とイラストで伝えてくださったら、、、不謹慎ながらも、今のY子さんを知りたいです。

2016-09-29 19:55 │ from いぼンヌ │ URL │

No title

よく分かります。特にハハだし・・・(;o;)
私は1年前に父を亡くしました。(享年68歳)
父が生きてた日々。
私が学生の時に、雨の日は学校までよく迎えにきてくれたよなぁーとか、
(ムスメが濡れたら可愛そうと、よく車で送迎してくれました。公衆電話の時代です。
連絡もなしに、おおよその下校時間に校門に傘もって立ってる父。)

そして、闘病中の父。

生きてた父の残像が日々蘇ってしまいます。小さな会社を経営を経営してまして、
お金に忙しかった父。
誕生日も悲しい想いでが、、。

ただ父は精一杯生きたし、父が決めた運命だったと。今思うんです。
会えなくて、寂しいよと、常に語りかけてます。
すると夢に出てきてくれたり…
家族で会社を切り盛りしながら、父の人生を今なぞります。

み守ってくれてるのだと、感じることが多々あります。
お母さまが、Y子さんの今世の守り神となって、
今後は見守ってくださります。家族は、来世でも家族なのですから。

落ち着きましたら、お母さまのこと、感じてください。
必ず、サインをおくってくださってますよ。

2016-09-29 21:00 │ from なお │ URL │

No title

おかえりなさい



ゆっくりゆっくり、ね!


私は今、時間を見つけて過去のブログを読んでいます。
ビリー・ザ・ブートキャンプの所を読み終わったところです。

今日も一日お疲れ様。
おいしいものを食べてゆっくり休んでくださいね。


2016-09-29 21:03 │ from オヨウコ │ URL │ 編集

No title

その人のことを憶えている人がいなくなった時が、本当に人が亡くなるということです。
Y子さんが繰り返し思い出してくれてるうちは、お母さんは形を変えて、まだそこに居るってことですね。

たくさん思い出があって良かったですね。
その分たくさんお母さんの存在感じられますもんね。

まだ涙なしでは無理で、寂しいでしょうが、そうやって時々お母さんのこと思い出してあげてください。

時間が経ったら、涙無しで思い出して笑えるようになると良いですね。
それが故人のご供養にもなると思います。

2016-09-29 21:10 │ from A │ URL │

No title

Y子さん、お帰りなさい。少しは落ち着かれましたか?
まだいろいろ大変でしょうから、ゆっくりでいいですよ。
無理しないでくださいね。
大丈夫ですよ〜。
泣きたい時は思いっ切り泣きましょう。



今年の金木犀はひときわ香りが強く花が多い気がします。
大好きな花の香り、綺麗な夕空、
みんな思い出につながりますね。
Y子さんの中でハハ様もきっと一緒に見てますよ〜


Y子さんの描く空の色、だいすきです。
しみじみと心に沁みます。




2016-09-30 00:12 │ from 唐獅子亭小あつ │ URL │ 編集

No title

悲しくてさびしいです・・

2016-09-30 01:32 │ from まさお │ URL │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-09-30 10:58 │ from │ │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-09-30 13:48 │ from │ │

Y子です。ありがとうございます。

めぐろのY子です。

ムリしてないですよ(^^)
書きたくて書かせてもらってます。
ムリしなくていいよって、
優しくって涙出ちゃいます。

これからキンモクセイの香りが流れるたび、
この日々の事を思い出すのかなあ。
それさえも思い出になる日がくるんですかねえ。

くるんでしょうね。

だって、大丈夫大丈夫だものね。

ありがとう。

2016-09-30 17:23 │ from めぐろのY子 │ URL │ 編集

トラックバック

http://ykomeguro.blog84.fc2.com/tb.php/2025-b649872c