めぐろのY子より ホーム » ハハの話 » ハハからのメッセージ

ハハからのメッセージ

母が千の風になって、

今日で丁度1ヶ月。



早いものです。



直後より今の方が
涙することが多く、


自分の感情に振り回されがちな日々。



ハハからのメッセージ161019_01
ハハからのメッセージ161019_02



見上げたら、空一面のウロコ雲。

こんな言葉が急にわき上がって来て、



ハハからのメッセージじゃないかと

勝手に思って慰めています。






今、母は自由で幸せなんだ〜って




思う事が私の安心♪





どんな人も、
家族を失った直後は
罪悪感を感じるものって聞いていたけれど、

「焼き肉」が食べられなくなるとは思わなんだ。

私の勝手な妄想か、
ハハからのメッセージかはわかりませんが、
焼き肉食べてもいいかな、と、
ちょっと思えるようになりました。

ーーーーーーーーーーーーー

Y子新作マンガ
    絵本「大丈夫大丈夫」

お母さん大好きっ子がお母さんを亡くすと
どうなっちゃうのか。

私の最大の恐れでしたが、

結構かなりキツいけど、私は生きています。
時に笑いもするし、全然別のコト考えたりもするし
でも底流に「悲しい」がずっと流れてる感じ。
いつか「これから大好きなお母さんを亡くす方達」の為に
じっくり描いてみたいと思います。



最初は泣けないんだ。ショックすぎると「泣く」が難しいんだ。
ちょっと慣れてきて初めて「泣く」ができるものなんだ。

“絵本まんがボタン”







コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-10-19 20:40 │ from │ │

No title

お母様とのお別れ、本当に辛いですね。
読者の一人として、自分の家族のように感じておりましたので、私もショックです。
ひと月経って、ようやく涙が出るというの、よく分かりますよ。

私は、4年前に主人を見送りました。
主人はお肉大好きな人だったので、月命日にはちょっと高めのお肉を焼いてお供えしてるんですよ。
もちろんその後はアタクシノオナカニ、、、。

確かに、色んなことで自分を攻めてしまいがちですが、ニコニコ笑顔のY子さんの姿を見せてあげないとですね。
頑張りすぎないように、これからも素敵なY子さんの世界を見せてくださいね。

2016-10-19 20:45 │ from チカ │ URL │ 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-10-19 20:47 │ from │ │

No title

うおーん(;O;)

2016-10-19 21:14 │ from 朔太郎と豆兄弟 │ URL編集

\(T▽T)/

エエ話やぁ〜\(T▽T)/

で、ね、

今のうちにしっかり食べとかないと、
あともーちょっと(?)歳食ったら、
食えなくなっちゃうッス・・ヽ(;´Д`)ノヨ

肉料理・・・ヽ(;´Д`)マジデ

2016-10-19 22:15 │ from ひろぴー │ URL │ 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-10-19 23:24 │ from │ │

No title

うんうん。
どんなに悲しくて落ち込んでても、おなかは空くし、
そのうち、焼肉食べたいなって思う日も来ますよ。
それが「生きてる」ってことですもん。

最近ねー、赤トンボがめっちゃいっぱい飛んでるのー。
ハハ上、見にいらしてー(*´∀`*)
トンボと一緒に飛ぶのも、楽しいかもですよー(*´∀`*)

2016-10-19 23:39 │ from にいがたのY子 │ URL │ 編集

さすが

さすがハハ上。

Y子さん愛されてるんだなぁ~。

2016-10-20 00:17 │ from む- │ URL編集

No title

。・゚・(ノД`)・゚・。
未だに月命日になると色々考え込んでしまいます。遺された者はツラい…。

2016-10-20 00:50 │ from いわくら │ URL

No title

火曜日に放送された、ナイナイアンサーという番組で、
林家三平さんが、お父様のことをふりかえるという内容の放送をみました。

最後の時、お父様は、三平さんに病室からでていくように言われたそうで、
その時に、会えなかったことをお話されていたのですが、
そうしたら、スタジオにいた方も、子供には見せたくないとお話されていました。

子ども側からすると、一緒にいたかったと思うのかもしれないけれど、
親は、見せたくないものなのかもしれませんね。

私の祖父も、病室に誰もいなくなった時にいきました。
そして、よりによって、その日に限って、
どうして私はそういう行動をしたんだろうという日でした。

時間薬が、Y子さんや周りの方を癒してくれますように。

お母様のダジャレ、最高です(^^)

2016-10-20 00:53 │ from けいこ │ URL │ 編集

No title

どんな逝き方をしても、残されたものは色々と後悔するんだと思います。

私もそうでした。あんなに色々あれこれ言わなければ良かった、無理させすぎて苦しませたんじゃないかって。お葬式が終わって、一段落着いて、アメリカに戻る前に母にそっくりな叔母(母の姉)にあって、そういう話をしていたら、お母さんは色々やってくれて心配してくれてる、ってすごく喜んでたよ、そんな風に思わなくていい、って言ってくれました。すごく助かりました。

あれから4年経ちますが、いまでも涙は出ます。^^ 先日母の72歳の誕生日でした。今でも誕生日にはお花を贈ります(すごく好きだったんで)。

ハハさまはすごくY子さんたちに感謝されていると思いますよ。焼肉、また食べてくださいね。^^

2016-10-20 02:17 │ from ReiRei │ URL │

No title

誰に言われなくても、Y子さんは分ってるんですね
感受性が豊かだと傷つきやすいけど、こうやって自分を励ますこともできます
こういうお母さんの言葉は、誰もが聞けるもんじゃないんですよ
受信機と発信器をY子さんとお母さんが一緒に築き上げてきたからこそ、今こうして受け答えができるんです
それは何よりも大きな宝物ですよね
大事にしてください

2016-10-20 05:45 │ from ほろり │ URL │

年の功とは 確かに大らかなものだとおもいます

知り合いのおばさん
80過ぎたかたですが
いろんなひとをいろいろな形で見送ってきて
教えてくだすったことは

がぼさん
おかあさんが 
 一人で静かになくなっていたとしたら
それはね
とても幸せだったんだなって事です。

この意味を
いまは 57歳の私にはよくわかります。

家にいても 病院にいても
誰にも気づかれずにいくと言うことは
消して悲しいことではないと思いますよ。

一緒に暮らした日々が楽しかったり
つらかったりしたことも
いっぱい ゆっくり 思い出していられるし
死ぬ瞬間は自分でわかるんだろうか?

私も姉妹みたいな幼なじみを去年亡くして
いまだに 泣きますが
彼女らしかったと思えたときに
夢で犬が一匹腕の中に入ってきましてね

がぼしゃん
わにゃにゃわん

って 言ってました

ありがとう といっていたんだとおもいます
涙は涸れることがないし
ただ 泣く回数が少なくなっていきます
わすれることはなく
思い出として生きるのですね

2016-10-20 09:35 │ from gavo-22 │ URL編集

No title

ああすればよかった、こうすればよかった。。
あれやらなきゃよかった、あそこに行かなきゃよかった。。
そんな後悔が押し寄せてくるんですよね。

お母様のダジャレを思い出して
また1歩、Y子さんは前に進んでいけると思います。
お母様と一緒に、焼き肉食べてくださいね^^

2016-10-20 10:46 │ from 栓プリーズなあられ │ URL │

No title

私は20年前に父を亡くしました。
ずーっと病院に泊まって看病をしていました。

お風呂に入るため病室を離れた数分後に父は逝ってしまいました。
まだ携帯電話を持っていなかったので家についたら父が亡くなったと連絡が入っていました。

あわてて病室に戻ると父は眠っているような穏やかな顔をしていましたが…
無くなる瞬間はとても苦しそうにしてて、付き添っていた叔母が言うには
naoちゃんは苦しむ父を見なくて良かった。
父が見せなかったんだよ。ということでした。


付き添う私に父が一度だけ弱音をはいたことがありました。
立つこともできなくなった父はオムツをはいていましたが、
トイレの介助をする私に、こんなことさせたくなかった…って

私は28歳、父はまだ52歳でした。


私も49歳になり、その時の父の気持ちがわかります。


20年が経って涙が出ることも無くなりました。
楽しかった思い出がよみがえることもあります。
でも不思議と悲しい気持ちにはならず、本当に楽しかった~と笑って思い出せるのです。


私は下戸ですが、時々無性に生ビールが飲みたくなります。
きっと父が私の身体を借りて ビール飲ませてくれ~って来ているんだと思います。
 

今はつらいと思いますが、近いうちにハハがY子さんの身体を借りて
焼肉食べさせて~ってくると思いますよ(笑)


泣いて笑ってハハを想ってくださいね。

2016-10-20 10:54 │ from nao │ URL │

No title

Y子さんが母の絵を描けることがとってもうらやましいです。

私の父は52歳で亡くなって今生きてたら72歳!
まだまだ何でもできる年齢ですよね~

時々、72歳の父を想像してみます。
髪の毛はきっとあるだろうなぁ…
でも白髪で真っ白になっているかな?
孫に逢いたかっただろうな~
孫と遊ぶときは目じりが下がってじいちゃんの顔になったのかな?
じいさんになってもおしゃれなのかな?


…でも頭の中で想像するだけです(笑)
絵心が無くて、想像した72歳の父を描けないんです…


72歳の父を想ったらちょっと涙が出てしまいました。
お父さんに逢いたいなぁ…

2016-10-20 11:04 │ from nao │ URL │

No title

1年前の今日、愛犬を亡くしました。
最期の4か月はほぼ寝たきりで家族で介護していましたが
たまたま目を離した15分ほどの間に1匹で静かに逝ってしまいました。
家族が夜中でも愛犬の排泄のために何度も起きていたので
家族のことを考えて、寒くなる前に逝ったんじゃないかと思っています。

今でも想わない日はありませんし、
もっとできることがあったんじゃないかと後悔もあります。
でも、絶対に手は抜いていないという自信はあるから
あのときはあれが精一杯だったと思うしかありません。

きっと愛犬は今も近くで私たちの食べるゴハンを狙っています。
Y子さんのお母様もY子さんとずっと一緒ですよ。

2016-10-20 12:34 │ from yui │ URL │

それを食べたかったんじゃあないかなぁ

私も父の死の後、しばらくそのことを考えていました。
遠くから見舞いに、何度目かに帰る時
乗り換え駅で、うどんを食べていた、ちょうどその頃亡くなっていました。
もうちょっと早い新幹線に乗れたかもって、思ったりしていました。

何年か経った頃、TVで山口良一さんが
病室を抜けて、食事をして帰ったら、
お父様が亡くなっておられた話をされてて、

司会者の方が、
それはきっと、お父さんが食べたかったんじゃないかなあって
言われていて

私もその言葉に救われた気がしました

仲良くしゃべりあうような父娘ではなかったので
私が向かってるって分かっていても
先に逝ってしまったんだろうなって
父の歳に近くなってまた改めて思います。

2016-10-20 14:59 │ from ウィンウィン │ URL │

No title

私も間に合いませんでした(´;ω;`)ウッ…
私だけ間に合わなかった。
悲しかったのに、涙が出ませんでした。
冷たい女だと言われたっけな~
ひとりになって、初めて大泣きしました。
今も思い出しては悔やんでいますよ。
でも、なんとか生きております。
なかなか大変ですけどね(*_*)

2016-10-20 16:19 │ from クーコ │ URL │

ハハのこと忘れないでね

Y子ちゃんの想いもあって、母の想いもあって。
間違いがないのは、一緒に過ごせて嬉しかった気持ち。
ハハはもしかしたらだけど、自分のせいでY子ちゃんが
やりたいことできなかったら、悪いなって罪悪感があったのかな。
罪悪感があるなら、それは否定しないでいて良い。
きっとまた、違う気持ちが出てくるよ。
私が言ったことも、今は届かなくても、いつか届いたら嬉しいです。

2016-10-20 18:37 │ from みを │ URL │

No title

涙が出ました(T_T)
お母様、絶対にY子さんに苦しんでほしくないと思います!だからお母様を安心させるために、楽しく穏やかに暮らしてくださいね!!苦しんだらお母様、怒っちゃうよ!!^^

2016-10-20 18:44 │ from まさお │ URL │

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-10-20 23:10 │ from │ │

No title

ちょっと泣けて日常が少し戻ってきたようですね 

ホッ… としつつ… ちょっくらお伺い。。。


今年はカレンダー出さないの???


2016-10-21 09:55 │ from ぐる │ URL │ 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-10-21 14:50 │ from │ │

;;

泣いちゃいました;;
Y子さんをギューしてあげたい;;

2016-10-22 12:38 │ from ゆきやん │ URL │ 編集

No title

母であり、娘にもなってくれたお母さんでしたね。
大好きな人との別れは、つらいし寂しい。
私も1年経っても、時折涙がでます。
泣きたい時は、泣くことで少しすっきりします。

愛するY子さんへ、母がメッセージをくださったのですね。
なぜだか分かる、感じる。
姿形はなくなっても、ずっと愛を送ってくださってますよ、きっと。

2016-10-23 16:06 │ from なお │ URL │ 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-10-23 18:34 │ from │ │

No title

Y子さん
涙が止まらないよぉ

がんばったね
よしよし

2016-10-23 23:12 │ from ゆうた │ URL │

No title

焼肉食べよ。^^
好きなものを食べられなかったり、出来なかったりするY子ちゃんを見てる方がお母さんも悲しいよ。
美味しいものどんどん食べて、好きなことやろうよ。
そっちの方を見てる方が、お母さん楽しいと思うよ。

2016-10-24 11:01 │ from mica │ URL │

No title

Y子ちゃん
ずっと何か言葉をかけたいと思ってたけど、
何を言っても上っ面になってしまいそうで何もできませんでした。

この記事はほんと泣けました。
Y子ちゃんは幸せだなぁ~
お母さんのこと大好きなのが伝わってきてそう思いました。

そして、こんな風にみんなに伝えることができるY子ちゃん、
とても素敵です('-'*)

2016-10-24 15:19 │ from のの │ URL │

トラックバック

http://ykomeguro.blog84.fc2.com/tb.php/2032-82163cad