めぐろのY子より ホーム » 風になった両親 » 何よりの褒め言葉

何よりの褒め言葉

ずっと更新してないのに、
見に来てくださって
あったかいコメントくださって
ありがとうございます。(^^)


すべてにとても力いただいてます。



あったかいお気持ちが力になる。


あったかい眼差しが力になる。

あったかい言葉が
力になる。




そんなあったかい日曜日を過ごしました。




170228何よりの褒め言葉01



「いや〜、いい男だったなあ〜」なんて



もうっ、何よりの褒め言葉ですよ!



最後のヨレヨレした姿ばかりが
私らの記憶にはありますからね。



ありがたくて嬉しくて、
その日は夜遅くまで
おっちゃん達と語り合いました。



親戚やら古いお友達やらの

両親が元気な頃の思い出話が
本当に嬉しいもんで。



私も友達が風になったら、
その子のお子さんに
沢山沢山楽しい思い出話を
してあげよう。

どんなに素敵な人だったか
伝えてあげよう。






思わず「また父に会いに来てください」って




言っちゃった〜



コメント
非公開コメント

ヽ(´_`)ノ

こー言う場面や、後日に親を
偲んで昔のエピソードを語って
くれることで、自分たちが知らない
「ひととなり」って、あらためて
感じられるッスよ(´∀`)ネェ

そんな風に語ったり、今度は
自分が語ってもらったりして、
何か、命のバトンって、受け継がれ
てる・・って感じッスヽ(´_`)ノネ

2017-02-28 20:00 │ from ひろぴー │ URL │ 編集

No title

うあーロクなことしてないから何と言われるか\(^ω^)/
おっちゃんは素敵な人だったんですね
そりゃ娘さんを見ればわかります( ˘ω˘ )

2017-02-28 20:10 │ from 朔太郎と豆兄弟 │ URL編集

。・°°・(>_<)・°°・。

感動するときは泣けますね

2017-02-28 20:40 │ from dodo0918 │ URL │ 編集

No title

はい、今日こそ更新されてるか?と毎日チェックしてました。
ストーカーになりそうなところで更新されててヨカッタ 笑

そして、Y子さんがちょっと戻ってこられてる感じもして嬉しいです~

いえ、どうぞゆっくりなさって下さいね

でもまた戻って来て下さい お待ちしてます~~~♡

2017-02-28 21:23 │ from ぐる │ URL │ 編集

No title

あ、あ、あ…
今、なんか、泣きそうになった。
人は亡くなっても、語られることで
皆の心に生き続けるんだな。

2017-02-28 21:27 │ from ライチ! │ URL │ 編集

No title

良い御仲間がいらしてくださったんですね。ヽ(;▽;)ノ

お父さんの昔話に花が咲いて ( ; ; )

お人柄の良さがにじみ出ますね。。・゜・(ノД`)・゜・。

2017-02-28 23:04 │ from らいらい │ URL │

なるほどだから!

おっちゃんさまにハハさま、いい男にいい女だったんですね。すご〜く納得!だってY子さんが素敵だもん♪

2017-03-01 00:06 │ from まゆ │ URL │ 編集

No title

心の底からポロッと湧いて口を伝って出てきた言葉なんでしょうね。
それだけに混じりっ気なしの純粋な思いなんでしょうね。
男として生を受けたなら一度は言われてみたい言葉です。

2017-03-01 01:00 │ from │ URL │

No title


名前とURL書き忘れちゃいました。
1時ジャストに書き込んだのは、いわくらです…。

2017-03-01 01:02 │ from いわくら │ URL

No title

泣けちゃった…(T-T)
おっちゃんもお友達も最高‼

2017-03-01 01:21 │ from ダン │ URL │ 編集

No title

うちの父は本当に無口な人で家族には何も話してくれませんでした。
父が亡くなってから小さい頃のお友達たちからお手紙をいただき、
足が速く、いつもリレー選手だったこと、
東京から疎開してきた子たちをかばっていたこと、
などを知りました。
自慢でもいいから父の口から聞きたかったなあ。
今でも考えると涙が出そうになります。

おっちゃん、マドンナをかっさらったんですね!ふふ。
いいお友達が来てくださってよかったですね。

2017-03-01 02:13 │ from Corvallis │ URL │

No title

お友達に好かれているお父様。
お人柄が伝わります。
マドンナのお母様が好きになられるような
素敵な男性なのでしょうね。
とっても素敵なご夫婦のお子様、
Y子さんと弟さんも素敵です。

2017-03-01 05:34 │ from けいこ │ URL │ 編集

No title

いいやつだったって・・嬉しいですね。

私も父を見送った時、昔の同僚の方から、昭ちゃん先生、面白くてにんきものだったのよと、言われてびっくりしました。

2017-03-01 07:09 │ from たみさん │ URL │

人はみんなつながっている

Y子ちゃん、遅くなりましたが、おっちゃんのことお悔やみ申し上げます。
新しいおっちゃんの一面を知ることができましたね。
私の伯父はもう80代半ばですが、仲が良かった男友達の話をするときは
学生時代に誰誰にノート取らせた、とか、みんなで旅館に泊まったとき、
とか本当に若い頃の話題で、イキイキした表情になります。
最初からオジサンだったわけじゃないんですよね。
Y子漫画で私が一番印象的なのは、酔っぱらってベッドを殴るおっちゃん。
みんなの心の中に、これからもおっちゃんは生き続けます。

2017-03-01 12:02 │ from みを │ URL │

No title

人柄が人柄を呼ぶ・・・。
お父様のお友達はみんな同じ感性や思いを持った同志だったんでしょうね。
身内を褒めてもらえるのは本当に嬉しい。
今頃お父様はマドンナと一緒に照れてるかも~^^

2017-03-01 12:15 │ from 栓プリーズなあられ │ URL │

No title

良かったですね。
私も電車の中で泣いちゃった、、、

2017-03-01 16:30 │ from こぱ │ URL │

Y子さん、こんにちは。
生きていくのは本当に大変ですね。
わたしはY子さんのかわいいブログや、Y子さんのお人柄に、励まされています。
いつもありがとうございます。

2017-03-01 17:47 │ from ろん │ URL │

良い方たちですね^^

そうやって親の事を聞く事ができるのも、よい事ですね。

Y子さん、元気かなぁ?
ご飯食べてるかなぁ?
笑っているかなぁ?

ってぐるぐる考えていました。

更新ありがとうございます^^

2017-03-01 18:16 │ from ゆきやん │ URL │ 編集

No title

自分の知らない、
若き日の父の話を聞かせていただけるって、
本当にありがたいですよね。
子としては、
「父親」としてしか見れていなかったから。

学生時代からの父の友人、広沢さんは
出不精の父をいつも訪ねてきてくれました。
父が亡くなった時、人目もはばからず
ぼろぼろと涙を流して男泣きしながら、
父の死を悼み、別れを惜しんでくれました。
不謹慎で、語弊があるかもしれませんが、
「お父さん、生涯の素晴らしい友人に恵まれて幸せだね。
こんなに別れを惜しまれて…早い者勝ちだね~…」と思いました。
お通夜の席では、学生時代の“オチャメ&やんちゃ坊主”思い出話で
泣き笑いで偲び、和ませて下さいました。
一緒に応援団で頑張ったこと。
暑い夏は川で泳いだこと。
4人でお金を出し合って、1杯の蕎麦を分け合って食べたこと。
あぁ~、父も友人たちと共に謳歌した青春があったのだ。
苦労ばかりでなく、
そんな眩しい時代があったのだと思いました。
家を支えるために定時制高校に通いながら学び、働き、
友達と泣いて笑って。

父が亡くなってから
自分の名前を書くことがある度、
今までになかった思いに満ちます。
自分の名前を大切に記します。
父が私につけてくれた、
この世に生を受け最初の、
そして一生ものの、
父からの
ありったけの思いが込められた
私だけのための贈り物。
そして今は、私だけの父の形見です。

出来れば、もう一度だけ、
父が私の名前を呼んでくれる声を聞きたい。
今でもそう思ってしまいます。

父へ、大切な「ありがとう」です。

2017-03-01 19:24 │ from クローヴ │ URL │

No title

あ~そうだったな~って思い出しちゃいましたよ
うるっとしてしまいました。
なかなか言ってもらえる言葉ではないですよね~
さすが!です。

2017-03-02 09:12 │ from クーコ │ URL │

No title

ほんとね、よ~く分かります!
お父さんへの愛を感じます。
Y子さんから、天国へのラブレターだね!(^-^)
きっと、にこにこしながら
このブログを読んでくれてますね☆彡

2017-03-02 21:25 │ from なお │ URL │

トラックバック

http://ykomeguro.blog84.fc2.com/tb.php/2087-11dde9af